花粉による肌荒れニキビの原因と対策法

あなたがいつも花粉による肌荒れニキビで苦しい状態なら、その元凶と解消法を知ることからスタートすることが重要です。それを着実にこなすことで、花粉による肌荒れニキビに伴うストレスから解放されることも望めるのです。

花粉症とニキビにはとても関連があります

花粉症の状態の悪くなる時期になると、すぐにニキビが広がってしまう…そんな人は多いと思います。
温度や湿度の差異が激しい時期には、ただでさえ肌の油分や水分の割合が乱れて、お肌のバリア機能が低下し、さらにニキビや乾燥肌などのトラブルにおちいってしまいます。さらに、トラブルになって荒れた肌に、花粉や埃など刺激が加わって、より一層肌のトラブルが悪化してしまういます。ニキビに加えて、かゆみの症状が現れることもあります。このような花粉が原因の症状は「花粉症皮膚炎」と呼ばれています。それなので、花粉の時期のニキビ対策には、花粉が肌に触れないようにして花粉症の症状を生み出さないことが大事です。

ニキビを悪化させないために日常気をつけたい5つのポイント

花粉によるニキビのトラブルは、日常のちょっとしたことを気をつけることで軽減できます。

外から帰ってきたら家の中に入る前に花粉を落とす

外出から戻って家に入る前には、玄関に入る前に、コートや服、髪の毛などについた花粉を手で払い落としてください。花粉は、空気中を漂っている微粒子なので、外にいると、いつの間にか、髪の毛、からだ、着ている服に付着します。そのままの状態では、花粉を室内に持ちこんでしまい、家中に花粉が散乱し、家の中でお花粉症の症状が出てしまいます。

休日でもスッピンはダメ

外出時は、普通は、化粧はすると思います。ファンデなどを塗ると、花粉が肌に直接触れることが少なくなり、花粉に対する防御壁になります。肌が荒れてメイクのノリはよくないと思いますが、スッピンだけはやめましょう。外出時だけでなく、休日に家にいるときも軽めのファンデやクリームを塗って、常に花粉から肌をガードするようにしましょう。

洗顔は有効ですがソフトに

花粉がついて負担がかかっている肌を、外出から帰ってきたらなるbrく早く洗顔して、開放してあげましょう。でも気をつけたいのが、洗い方です。ゴシゴシ擦るように洗顔すると、肌に摩擦がかって炎症を起こしてしまいます。また、洗顔に使うお湯も厚いものでなく、ぬるま湯を使うようにしてトラブルが悪化するのを防ぎましょう。

刺激の少ないスキンケアに心がける

普段は、美白やエイジングケアをおこなっている人は要注意です。これらには、刺激の強い有効成分が含まれているので肌が弱っているときは、肌に負担となります。更に肌のトラブルの原因になりかねません。また、パックなどは、花粉による肌荒れ、ニキビの症状が出ている間は控えましょう。

マスクは室内に持ち込まない

マスクをして花粉対策をしている人は多いかと思います。マスクは、1日に何回か使い捨てる気持ちで使ってください。1日中同じマスクをしていると花粉がマスクにたくさん付着し、そのままで、家に入ると花粉を持ち込むことになってしまいます。玄関先にゴミ箱を用意しておくなどして、外出時に使ったマスクは、家に入る前に廃棄すうるようにしてください。

花粉肌荒れ対策ニキビ